ショパン好きⅪオヤジのブログ

熱帯魚や海水魚にはまったブログ

イソギンチャク水槽その後!The later sea anemone water tank

こんばんは!イソギンチャク長期飼育計画としてセンジュイソギンチャクを現在飼育しています。コケの発生がほとんどないので硝酸塩の心配はないと思われます。触手が細くなっていると調子があまりよくないと思われるので海水の交換をすると調子が戻るようです。現在カクレクマノミを2匹入れていますが1匹にして様子をみようと思います。センジュイソギンチャクはそれほど強い光は必要ないということなのでLED照明を1灯使用しています。
Good evening! I breed Magnificent sea anemone as a breeding plan now for a sea anemone long term.It is thought that we do not have to worry about the nitric because there is little outbreak of the moss.It is the evidence that is ill-conditioned when the feeler of the sea anemone narrows.I put two clown fish, but think now to have one of them, and to watch a state.Because such strong light is not to be necessary, as for the Magnificent sea anemone, 1 light uses an LED light.

口がだらーっと開いているのは状態が悪い証拠です。やはり口が閉まっていて透明感があって触手が膨らんでいる状態が調子が良いと思われます。
上の写真は昨日水交換をした直後のイソギンチャクです。
状態は普通です。
今日の状態が下の写真です。
It is the evidence that a state has bad to have a mouth loose. After all an entrance closes, and it is translucent, and it is thought that the state that a feeler is filled with is well-conditioned.
 The upper photograph is the sea anemone which did water exchange just after that yesterday.
 The state is common.
Today's state is a lower photograph.

口はしまっていますが触手が細くしぼんだようになっています。あまり良い状態とは言えないと思います。強い水流はあてていません。触手がなびく程度の水流です。
PHは8.1で海水密度は1.021です。このくらいの数値ですと特に問題はないと思われます。今日は消灯してまた明日様子を見ます。
The state of the sea anemone is not so good
The current is not strong. It is a current of the degree that a feeler bows to.PH is 8.1, and the seawater density is 1.021. It is thought that there is not the problem in particular when it is numerical value like this. I will look at the state again tomorrow
おやすみー(^O^)/




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。